未分類

仮想通貨の空売りについて

投稿日:

幅広い年齢に注目されている、歴史の浅い投資として仮想通貨が挙げられます。
副業として仮想通貨を始めようと考えていても、さまざまな聞きなれない言葉が飛び交っている為、難しいと思い込んでいるというような人も少なくはないはずです。

銘柄なども多数あったりと覚えなくてはならないことばかりだと感じるかもしれませんが、全てを覚えて挑む必要というのはありません。どのような投資でも、運用をしながら仕組みを覚えていくということも出来ますのである程度の知識のなかで取り組んでも問題はありません。

それでも、取り組んでいくなかで取引のタイミングなどを口コミなどでチェックしていると、空売りという言葉が出てきて戸惑ったという人も多いはずです。
空売りというのはその名前の通り、ないものを売るということです。

通常の取引の場合には、まずは仮想通貨を購入して値段が上がるのを待ちます。
あがった金額が利益となりますので、値段が上がった時が売り時です。

しかし空売りの場合には取引所に開設した口座に購入する為の資金を預けていると思いますが、この預けたお金というのを証拠品、つまり担保のような形として実際に持っていない通貨を売り、売った通貨の値段が下がったときに買い戻すというシステムになっています。

つまり、通常の場合には実際に取引して値段が上がった分のみの利益になるのですが、空売りの場合には値下がりした値段が利益になります。
普通の投資の形とは逆の視点で取引を行わなくてはならないので戸惑うかもしれませんが、この空売りをするのにはメリットがあり、通貨のなかには値段の下落が顕著なものがあると思います。こんな通貨誰も買わないと思っているかもしれませんが、空売りを行うなら下落しているものが狙い目なのです。

値段がこれから下がるだろうということを予測して担保を資金に架空の売りを行い、下がりきったところで買い戻すことで大きな利益を生み出せる可能性があります。

また、空売りの場合にはレバレッジが取り入れられており、担保に入れている資金の倍の空売りを行うことができるため、少ない資金で大きな利益を生み出せる可能性も潜んでいます。空売りは一般的には上級者向けのサービスであると思われている方もいますが、コツさえつかめば通常よりも利益を大きくするチャンスの場所でもあります。

ただ、損失が生じた場合にはその分大きくなりますのでどの通貨が狙い目なのか慎重に検討することも必要です。空売りにおすすめの通貨を教えるなどの言葉で情報料を詐取しようとする詐欺も多発していますので、空売りを行う際には自己責任で口コミを参考にするだけで行うことで安全に投資を行えます。

-未分類

Copyright© 【副業】ニュースのサクッとプラス・Goodニュースの口コミ・評判を検証してみた! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.