未分類

Titan FXが仮想通貨のトレードを始める

投稿日:

海外仮想通貨事業者にTitan FXという事業者が存在するのですが、Titan FXでは、通常の貨幣のFXトレードの他に仮想通貨を新たにトレード可能な通貨としてサービスの提供が開始されました。
仮想通貨とは、副業で注目を浴びた、国家の貨幣と異なる通貨で電子通貨と呼ばれる類の通貨で、一応資産として認められたものをTitan FXでは、通貨ペアとしてやり取りすることができるのです。

仮想通貨も実はトレードにおいて、レバレッジという証拠金を集めさえすれば倍額の通貨のトレードを可能としているのですが、日本の場合、そのレバレッジに規制がかかり、少ない投資金で多くのトレードを成立させることができなくなったため、Titan FXの事業者を通せばその問題は解決するという口コミが上がっています。

というのも、仮想通貨は日本国内では、トレードにおいて少額で倍額トレードができないため海外事業者を利用してさらなるトレードが加速することが考えられるのが現在の状況です。
なお、FXで仮想通貨を別の貨幣例えば、国家が配布している通常貨幣とペアとしてトレードした場合、価格差による詐欺にならないのかという問題ですが、恐らく有名な仮想通貨であれば一応信用取引という扱いになるため詐欺であると認定されず、詐欺による被害もないと判断されると思われます。

問題は有名ではない仮想通貨の扱いはどうするかという問題にあり、ビットコインやあるとコインのような有名な仮想通貨であればおそらくその価値は一定であるためトレードは成立するでしょうが、まったく有名ではない仮想通貨においてはトレードが成立しないという可能性も否定できないです。

何故なら、FXは通貨のペアでその差額で利益を上げるという性質上、価値が不安定な物や価値が分からないものはあまり良いトレードを行うことができないと判断され、トレード自体が拒まれる可能性も否定できないのです。

その為、恐らく仮想通貨から仮想通貨のトレードについては成功しやすいとみて取れますが、仮想通貨を現金とトレードする場合、トレードが成立しない確率はかなり高くなると考えられます。

ですが、それらを含めても仮想通貨を国内でトレードするよりもはるかに利点がある取引を行うことができるのも事実でTitan FXをうまく利用すれば、仮想通貨と国家の現金である貨幣を取引し、仮想通貨を現金に換えることもできるため、海外FX事業者を利用して仮想通貨と現金をトレードすることに意味はあると結論付けます。

-未分類

Copyright© 【副業】ニュースのサクッとプラス・Goodニュースの口コミ・評判を検証してみた! , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.